デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

デイケアとの違い


介護ってわかりにくいことが多いと思いませんか?

両親が高齢になっていくとだんだんと介護という言葉が身近になってきます。
また年齢の高いご家族がいなくても、将来的に御病気などが元となり介護が必要な状態になるという場合、介護はいつかするべきことになります。
要介護とか、要支援、またデイサービスやデイケア・・・といった介護の用語というのは何となく理解できていても、本当の意味での違いを理解されていない方も多いです。
これからいずれ、介護が必要になる、またご自身が介護が必要な年齢になっていくことを考慮し、介護で利用する言葉について理解しておくことも大切です。

デイサービスとデイケアの違いは?

よく介護施設などのパンフレットや介護についてのインターネット上の広告などを見ていると、デイサービスとデイケアという言葉を目にすることがあります。
この違い、はっきりわかりますか?
デイサービスは通所介護、つまり、施設に出向いて介護を受けるという事です。
デイケアは通所リハビリ、つまり、施設に出向いてリハビリの指導を受けるという事です。
よくデイケアでも、入浴や食事、またデイサービスと同じように送迎サービスがあるという施設もありますが、この場合でも中心となるのはリハビリです。

医療的な観点から利用する、介護だけの目的で利用する

食事や入浴といった日常生活の支援や介護を受けるという場合、デイサービスを利用することになります。
もしそこにリハビリなどの医療的観点からの利用が必要になるという事なら、デイサービスではなくデイケアの利用が必要となります。
デイケアの場合、入浴を行う施設もありますしない施設もあります。
また食事についても、リハビリ中心という事でお弁当を配り食べてもらうという施設も多いようです。
リハビリという目的がないようなら、手厚い介護を受けることができる、医療的観点のないデイサービスの方が安心といえます。
こうした言葉の違い、意味をしっかり知っておくことも介護のために大切なことです。