デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

デイサービス 正社員


介護の現場はパートが多いといわれています

介護保険制度が始まって依頼、パート職員の雇用がどの施設でも高くなっているという現実があります。
介護の現場では、介護の充実という事が第一なので、法律改正の前にはどの施設も正社員雇用が多かったのですが、現在は正社員雇用が減少し、代わりにパート職員が多くなり、介護の充実を図るためにはパート職員が背負う業務の程度も深いものとなっています。
つまり、時間的に短い場合があっても働く内容的には正社員と変わらないという状態も発生しています。
正社員とパート職員については、各施設で様々な問題が発生していることも事実です。
ただ雇用安定という面を考えれば、正社員の方がずっと安定していますし、ボーナスも有給もあるのですから、介護施設に正社員で入りたいという方も多いでしょう。

正社員で雇用されるために資格必須ということもあります

正社員での雇用を希望する場合、資格を先に取得してしまうほうがいいという話も聞きます。
まず、パートで経験を積みながら資格を取得し、その先同じ職場で正社員への雇用としてもらえるのならそれを希望する、もし正社員雇用を今行っていないという事なら、転職先を考慮する、という方も多いでしょう。
施設によっても考え方の違いがありますので、正社員雇用を促進しているというところもあれば、パート職員を多く雇用するという職場もあります。
自分が介護の現場でどう働いていくべきか、それをしっかり見据えて、資格取得を考慮していくべきです。

待遇面の差があることは事実です

パート職員の場合、通常ボーナス、昇給はないという施設が多いです。
有給などの面から見ても、正社員の方が待遇面でも大きな違いがあります。
パート職員からすれば、待遇面が違うだけで行っている仕事の内容は全く同じという不満感がある事もどの施設でも言われていることです。
もし希望する施設にパート職員の雇用以外求人がないようなら、まずパート職員で経験を積み、資格のレベルを上げていき、正社員雇用への道を探っていく、という方法を考えてみましょう。