デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

デイサービス 生活相談員


生活相談員とはどのような仕事を行うのでしょうか

介護についての求人情報を見てみると、非常にたくさんの案件があると感じます。
未経験でも無資格でもOKという施設も多く、デイサービスなどを含む介護施設が人員不足になっているという事が理解できます。
こうした介護施設には、必ず必要となる、常勤配置が義務付けられている人員があります。
それが、生活相談員です。
生活相談員はデイサービスなどの介護施設を利用する方との契約や手続きなど、事務的、また窓口的業務を行うための職種で、利用者またそのほかの外部者との連絡調整を行う重要なお仕事です。
こうした重要なお仕事なので、生活相談員の資格要件が定められており、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などの資格者が生活相談員の資格要件となっています。

資格取得者は幅広い雇用が見込めます

生活相談員になるためには介護福祉士などの資格を取得しているなど、すでに介護の現場で経験を積み、介護に対する深い知識と技術、また法律に関する知識なども併せ持っていることが必要です。
経験と実績、知識と技術が伴っていることが要件となりますので、この資格取得は確かに容易ではありません。
ただ生活相談員になることで、より多くの介護の現場に雇用がある、という事は間違いありません。
デイサービス、デイケア、老人福祉施設、知的障害者施設、また身体障害者施設など、高齢者への介護施設のほかにも幅広い選択肢があります。

施設にとっては法律上でも実務上でも欠かせない資格者です

生活相談員を雇用する施設にとっては、法律上はもちろん、実務を行う上でもとても重要な資格者です。
1名常勤しなければ、施設の業務を遂行することはできません。
またこの資格者がいなければ、利用者の手続き、援助計画をたてるなどの実務上にも支障が出てきます。
介護施設やそのほかの施設について重要な役割を持つ生活相談員の資格を取得していれば、どの介護施設でも欲しい人材になるという事は間違いないのです。