デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

デイサービス 運動指導


デイサービスに多くなった高齢者の運動指導員って何?

最近は自治体が行う介護予防の講習や高齢者に対する健康づくり教室などが多くなっています。
この教室や講習について、高齢者に必要な運動への知識、指導能力を持った人材が求められています。
その人材が高齢者運動指導員です。
この高齢者運動指導員の指導能力を得るためには、一般的に4日間程度の養成講座などに参加し、技術、知識を得ます。
各施設などでこうした養成講座なども行っているので、高齢者の運動指導員としてデイサービスなどの就職を有利にしていきたいという方は積極的に養成講座に参加しましょう。

運動指導はとても重要な事なので、各施設でも求人が多くなっています

ご高齢の方に指導する運動、これは介護予防、支援予防になる事もあるため、自治体が行う介護予防教室などでも積極的に行われていることです。
もちろん、デイサービスでも利用者の方で、体に支障がない状態なら体をしっかり動かしてもらい、この先運動能力が落ちていかないように指導することも行うため、高齢者の運動指導員の求人は多くなっていますし、需要が高くなっています。
運動指導員の講習や養成講座などに積極的に施設から職員を行かせるというところも多くなっていますので、この養成講座を受けた、という実績があれば、デイサービスなどの介護施設の雇用にプラス条件となるでしょう。

資格取得にプラスし、様々な要素を持っていることが重要です

介護を行うためには様々な知識が必要となります。
例えば、人の体を支える、移動させるなど行動サポートもありますので、人の骨、筋肉などがどう働くのかなどの基本的な部分は理解が必要となります。
つまり医療という分野についても知識を持っておく必要がある、という事です。
このほか、初任者研修や実務者研修、さらにステップアップして介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格がありますが、こうした資格取得を行いつつ、介護について必要な知識を学ぶ養成講座などにも積極的に参加し、たくさんの知識を持った介護職員になっておけば、雇用の幅もぐっと広がります。