デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

要介護認定


要介護認定の基礎知識

要介護認定とは、何らかの理由により日常生活で介護が必要となった人達が受ける認定の事です。
この認定は、要介護者が様々な支援サービスを受ける為に必要で、介護を受けたい人にとってはとても重要なものとなっています。
この認定は要介護者の状態によって全部で5つのレベルに分けられていて、レベルが高い程より献身的な介護が必要となる為、支援サービスを選ぶ際にはとても重要な判断基準となるのです。
では、この要介護認定をもらい様々な支援サービスの恩恵を受ける為には、一体どうすれば良いのかについて説明をする事にしましょう。

要介護認定をもらうまでの手続きについて

要介護認定は、自分の住んでいる市町村の窓口に、直接「介護が必要です」という申請をしなければもらう事が出来ないようになっています。
申請を受けた市町村は、「希望者にとって本当に要介護認定が必要なのか」を確かめる為に、調査員を派遣して認定調査を行います。
この認定調査では、調査員による審査だけではなく、希望者の掛かり付け主治医の意見書なども判断基準としてカウントされており、総合的に見て「この人は介護が必要だ」と市町村が判断した時に、希望者は要介護認定を受ける事が出来るのです。
見事要介護認定をもらう事が出来れば、以後一定期間の間は様々な支援サービスを受けられるので、ぜひ市町村に申請を行ってみましょう。
尚、長期間ずっとこの認定を持っていたい場合は、定期的に市町村に申請をして認定を更新しなければならないので、期間については注意しておく事が大切です。

この記事のまとめ

以上が、身体に障害を抱えた人達が、様々な支援サービスを受ける為に必要な「要介護認定」の大まかな特徴と、この認定をもらうまでの手続きの解説です。
この認定をもらう事によって得られるメリットは、要介護者だけではなく周囲の家族にも存在する為、手に入れておくととても便利であると言えるでしょう。
「この認定をもらって、介護支援サービスを受けたい」と思った方は、ぜひ市町村の窓口に行って申請手続きを行ってみてください。