デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

要支援認定


要支援認定の基礎知識

要支援認定とは、何らかの理由により日常生活の中で他人からの手助けが必要となっている人達が受ける認定の事です。
この判定を受けた人は、本人の申請などによってデイサービスなどの介護サービスを受ける事が出来ます。
判定のレベルは2段階あり、「日常生活はほぼ自分で出来るが少し支援が必要」という状態か「日常生活に支援が必要だが改善出来る可能性あり」という状態かによって分かれます。
判定のレベルによって違ってくるのは、利用出来る介護サービスの種類と一ヶ月当たりに利用出来るサービスの限度額となっていて、事前の確認が大切です。

要支援認定を受けるには

要支援認定を受けるには、住民登録のある市町村窓口に直接申請を行う必要があり、この行動を行わないと認定を受ける事は出来ません。
申請を行うと、担当者による判定が始まり、「本当に要支援認定が必要かどうか」と「どれ位の支援を必要としているか」がチェックされていくのです。
この判定によって、「他人からの支援が必要である」という結果が出た人が、要支援認定の対象者となるのです。
尚、要支援認定を受けた後も、一定期間ごとに更新を行わないといけない為、時期が来たら再度市町村へ申請し審査を受ける必要があります。
手続きは少々大変ですが、充実した介護サービスを受ける為にはこの認定を受ける事が必要不可欠なので、しっかりと市町村に申請するようにしましょう。

この記事のまとめ

以上が、何らかの理由により日々の生活で他人からの支援を必要とする人が受ける「要支援認定」の大まかな特徴です。
この認定を市町村からもらう事によって、生活に支援が必要な人が出来るだけ自立していく為のサービスを受けられる為、認定してもらうと色々と便利になります。
皆さんも、この「要支援認定」を受けたいと思ったら、まずは自分の住んでいる市町村の窓口に相談をしてみる事から始めると良いでしょう。
尚、要支援認定をもらう際には、掛かり付けの主治医に意見書を書いてもらう必要もあるので、普段お世話になっている病院にも連絡を欠かさない事が大切です。