デイサービスの求人ガイド

デイサービス求人.com

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

デイサービスの求人について

デイケアとの違い

介護ってわかりにくいことが多いと思いませんか?

両親が高齢になっていくとだんだんと介護という言葉が身近になってきます。
また年齢の高いご家族がいなくても、将来的に御病気などが元となり介護が必要な状態になるという場合、介護はいつかするべきことになります。
要介護とか、要支援、またデイサービスやデイケア・・・といった介護の用語というのは何となく理解できていても、本当の意味での違いを理解されていない方も多いです。
これからいずれ、介護が必要になる、またご自身が介護が必要な年齢になっていくことを考慮し、介護で利用する言葉について理解しておくことも大切です。

デイサービスとデイケアの違いは?

よく介護施設などのパンフレットや介護についてのインターネット上の広告などを見ていると、デイサービスとデイケアという言葉を目にすることがあります。
この違い、はっきりわかりますか?
デイサービスは通所介護、つまり、施設に出向いて介護を受けるという事です。
デイケアは通所リハビリ、つまり、施設に出向いてリハビリの指導を受けるという事です。
よくデイケアでも、入浴や食事、またデイサービスと同じように送迎サービスがあるという施設もありますが、この場合でも中心となるのはリハビリです。

医療的な観点から利用する、介護だけの目的で利用する

食事や入浴といった日常生活の支援や介護を受けるという場合、デイサービスを利用することになります。
もしそこにリハビリなどの医療的観点からの利用が必要になるという事なら、デイサービスではなくデイケアの利用が必要となります。
デイケアの場合、入浴を行う施設もありますしない施設もあります。
また食事についても、リハビリ中心という事でお弁当を配り食べてもらうという施設も多いようです。
リハビリという目的がないようなら、手厚い介護を受けることができる、医療的観点のないデイサービスの方が安心といえます。
こうした言葉の違い、意味をしっかり知っておくことも介護のために大切なことです。

デイサービスのメリット

デイサービスを活用するためにまずはメリットを知っておきましょう

介護してくれる施設ではあっても、そのサービスをすべてのご高齢者がうまく利用できるか?というと、その方の生活や体の状態、心の状態なども関係してきます。
デイサービスを活用するためにデイサービスのメリットとは何か?考えてみましょう。
介護を受けられるご自身も、介護を依頼するご家族も知っておきたいことです。

デイサービスを受けることのメリットとは

まず、デイサービスを利用することによって外出できるという事が一番のメリットでしょう。
体が高齢のための不自由になって一人で外出できなくなると、痴呆につながることも考えられます。
デイサービスに通うようになれば、送迎もありますので、気軽に外出し、他の方々とのおしゃべりを楽しむこともできます。
衛生面を保つという点のおいてもデイサービスは利点が高いです。
ご家庭での介護で一番問題になるのが入浴です。
施設のように器具などが用意されていればいいのですが、家庭はそうもいきません。
大人を入浴させるというのはとても大変で、時に風呂場の形状によっては、入浴させられないという事もあります。
デイサービスで毎日お風呂に入る事が出来れば、衛生面をしっかり保つという事にもつながります。
一人でできる事は一人で、サポートが必要なことはしっかりサポートというメリハリの利いた介護を行う事により、その方の認知症の症状を遅らせる事にもつながります。

ご家族に対するメリットも大きい

デイサービスで他人と接することで社会的交流を保つことのできますし、何よりご家族の介護負担を減らせるというメリットが高いです。
ご家族は介護が必要な方がいると、誰かがいないと外出できないという状態になります。
なかなか外出できないという事もありますが、介護を行う肉体的負担と精神的負担は大きなものです。
その負担を減らすことができるのはかなり大きなメリットとなるでしょう。

デイサービスのデメリット

介護で利用する施設は全てがその方にとってメリットになるとは限りません

介護は介護される側も介護する側も負担が大きいです。
特に介護されるご家族にとっては、デイサービスなどの施設を利用できるという事は、介護以外の事が出来る時間を作ることになりますので、利用されている方は多いでしょう。
ただ、こうした介護施設については、すべてが利用される方のメリットになるとは限りません。
時に、利用者の負担になる事もあります。

デイサービスがデメリットになる事もある、これを理解することも重要です

利用される方の状態によって、またその方の性格によって、デイサービスで受けるサービスが苦痛となる事もあります。
例えば、もともと社交的ではなくお友達も少ないというご高齢者の場合、デイサービスを利用する際にそのこと自体が大きな精神的苦痛になる事もあります。
また病気をした後、もともと運動などが苦手で体力がないという方にとっては、デイサービスの利用も時間を区切ってあげないと、体力的に負担という状態に陥ってしまう事もありますので注意が必要です。
デイサービスを利用されている方と症状が違いすぎるという事もデメリットになる事があります。
痴呆の方が多いという中に一人、全く痴呆ではない方がいるというのも辛いものです。
症状によって施設を選択するという事も必要です。

他人が集まる場所ですから特有なトラブルもあります

学校、職場、趣味の場所同様、他人が集まる場所ですから、性格が合う方、合わない方もいるでしょう。
施設を利用していく中でお友達同士のトラブルという事もあります。
こうした友人となった方とトラブルがあり、デイサービスに行きたくないと言い始めるご高齢者も少なくありません。
こうしたデメリットを知っておくことは、これからデイサービスを利用する、介護が必要となる場合に必要なことです。
メリットもデメリットも知り、利用者、またご家族が納得できる施設を選んで利用するようにしていきましょう。

デイサービス 土日休み

デイサービスで土日休みで働きたいという場合、これは可能でしょうか

どんな仕事をする場合でも、働く側の家庭の状況があります。
特に結婚されご家族を持ちながら働くという場合、色々な支障が出てきます。
平日はお子さんもいないので働ける、でも土日はお子さんの部活や習い事などがあるためどうしても働くことができない、また旦那さんから自分が休日の際には一緒に休める仕事を・・とお願いされているという方もいます。
自宅で介護が必要なご家族がいるという場合、働く時間はもっと限定されてくるでしょう。
もし家庭や何らかの理由から土日休みたいという場合、デイサービス施設への就職ができるでしょうか。

デイサービスは連続休日が難しいかもしれません

土日休みが欲しいという方は多いでしょう。
誰でも連休が欲しいものです。
様々なデイサービスを見てみると、日曜日休日というところが多いです。
また水曜日、日曜日が休日というところもあります。
土日お休みというところは全国的にも少ない状態です。
デイサービスは介護職で働く方々が協力し合い、お互いのお休みを決定していく、という事が多いようですが、この中でどうしても今月、土日休みが欲しいということで調整してもらう事は可能です。
ただ他の方も土日連休が欲しいという方も少なくないので、そう度々というのは難しいでしょう。
デイサービスには介護が必要な方が訪れる場所です。
利用者も多くなっていますので、連休を取るという事はこれから先もなかなか難しくなっていくでしょう。

新たに就職する場合にも土日休みたいという希望は難しい

新たに介護という仕事に就きたいと面接を受ける際に、土日休みたいです、という希望条件だと、面接に通らないという可能性も出てきます。
土曜日は小学生をお持ちの方がお休みを取られることも多く、できれば、土曜日出てくれる人が欲しいという施設も少なくありません。
どの企業も、休日など規定に沿うという人が望ましいので、土日休みということがどうしてもの条件、ということになると、なかなか就職が難しい状況になるかもしれません。

デイサービス 無資格OK

介護というと資格が必要?無資格でも就職できる?

介護という仕事をしたい、という場合、まず資格が必要なのか?と思う方が多いです。
最近ホームヘルパー2級が初任者研修などへ移行したことで、より介護の資格について注目が集まっています。
初任者研修を受けてから介護系の施設、デイサービスやデイケア、介護福祉施設などに就職するということになるのか?と不安に思っている方も多いです。
介護の仕事に就くに当たり、何らかの介護系の資格が必要なんでしょうか。

無資格、未経験でも仕事できるのが介護です

介護の仕事で大切なのは介護についての知識を得る、技術を得ることもそうですが、経験を積むという事もとても重要な事です。
また、介護施設などでは、経験を積みつつ資格を取ることを推奨してくれています。
研修を優先させ、研修の合間に経験を積めるようにシフトを組んでくれる施設がほとんどです。
なぜこれほど資格取得に寛容なのか、というと、介護の資格者、つまり知識と技術を持った人材がこれから先も必要不可欠となるからです。
介護の仕事に就く方が資格を取得してくれて、その方がステップアップしながら経験を積み介護のプロになってくれることを、介護施設としても強く願っているわけです。
デイサービスの施設の中には稀に、資格者しか受け付けないというところも存在しますが、多くの施設が資格取得を応援してくれるところなので、無資格でも初心者でもOKというところで就職先を探せばいいでしょう。

無資格、未経験の求人が多いサイトなどもあります

介護の資格や経験が全くないという方についても、多くの求人を紹介しているインターネットの転職就職情報サイトも多くなってきました。
こうしたサイトには就職情報に加えて、資格についての説明や資格取得のために受ける研修の日程なども提示しているところが多いです。
介護の仕事をこれから頑張っていこうという方は、こうした求人サイトを利用してみると無資格でも希望する就職先が見つかるでしょう。

デイサービス ドライバー

デイサービスに送迎はつきものです

デイサービスは朝施設にきて利用者の方々と1日すごし、夕方帰宅するという施設です。
高齢者社会になった日本では、高齢になられた方の多くがデイサービスなどの介護施設を利用し楽しく毎日を過ごされていますし、ご家族も介護が必要な方が家庭にいない時間帯に家事をこなしたり買い物に行ったり、自分の時間を作ることができます。
高齢者社会が進んでいく中、デイサービスはこれからさらに需要が高くなっていくでしょう。
介護施設は様々で、ステイタイプの施設もあれば、デイサービスのように通って介護サービスを受けるというところもあります。
デイサービスの場合、通所サービスという事になりますので、送迎がつきもの、という事になります。

介護の求人、デイサービスやデイケアはドライバー求人も多い

介護の求人は今とても多くなっていますが、ドライバーの求人も多くなっています。
ドライバーはデイサービスを利用される利用者の方々をそれぞれの住宅に迎えに行き、帰宅の際にはそれぞれの住宅に送り届けるという仕事です。
求人によって違いがありますが、例えば、パート的なタイプで朝1時間半程度、夕方1時間半程度という場合、車の送迎飲みを行う仕事です。
相ではなく、午前9時から午後6時など、拘束時間が朝から夕方という事になっている場合、送迎の仕事以外に、デイサービス施設の雑務なども行います。
送迎の仕事はただ車で回る、という事ではなく、介護が必要な方なので、乗車も下車も慎重に介助することが必要です。
職務に就く前に、こうした乗車、下車の講習などを受けさせる施設も多いです。

ドライバー求人も多くなっていくでしょう

ご高齢者、介護が必要な方を車に乗せて運転します。
健常者の方よりも何かあった場合に、力を入れることができないなどが多いので、運転は慎重に行う配慮が必要です。
施設の中にはゴールド免許以外面接しないという場合もあるようです。
介護施設の需要がこれから先も高くなっていく日本です。
デイサービスの送迎ドライバーの需要も高くなっていくでしょう。

デイサービス 運動指導

デイサービスに多くなった高齢者の運動指導員って何?

最近は自治体が行う介護予防の講習や高齢者に対する健康づくり教室などが多くなっています。
この教室や講習について、高齢者に必要な運動への知識、指導能力を持った人材が求められています。
その人材が高齢者運動指導員です。
この高齢者運動指導員の指導能力を得るためには、一般的に4日間程度の養成講座などに参加し、技術、知識を得ます。
各施設などでこうした養成講座なども行っているので、高齢者の運動指導員としてデイサービスなどの就職を有利にしていきたいという方は積極的に養成講座に参加しましょう。

運動指導はとても重要な事なので、各施設でも求人が多くなっています

ご高齢の方に指導する運動、これは介護予防、支援予防になる事もあるため、自治体が行う介護予防教室などでも積極的に行われていることです。
もちろん、デイサービスでも利用者の方で、体に支障がない状態なら体をしっかり動かしてもらい、この先運動能力が落ちていかないように指導することも行うため、高齢者の運動指導員の求人は多くなっていますし、需要が高くなっています。
運動指導員の講習や養成講座などに積極的に施設から職員を行かせるというところも多くなっていますので、この養成講座を受けた、という実績があれば、デイサービスなどの介護施設の雇用にプラス条件となるでしょう。

資格取得にプラスし、様々な要素を持っていることが重要です

介護を行うためには様々な知識が必要となります。
例えば、人の体を支える、移動させるなど行動サポートもありますので、人の骨、筋肉などがどう働くのかなどの基本的な部分は理解が必要となります。
つまり医療という分野についても知識を持っておく必要がある、という事です。
このほか、初任者研修や実務者研修、さらにステップアップして介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格がありますが、こうした資格取得を行いつつ、介護について必要な知識を学ぶ養成講座などにも積極的に参加し、たくさんの知識を持った介護職員になっておけば、雇用の幅もぐっと広がります。

デイサービス 栄養士

介護の施設にはたくさんの資格者が雇用されています

デイサービスなどの介護の施設というと、介護系の資格、また医療系の資格などをお持ちの方が雇用されていると考える方が多いようです。
でも実は、たくさんの資格者がこうしたデイサービスなどで働いているのです。
デイサービスは通所サービスになります。
通常、朝デイサービスにきて夕方帰宅というスケジュールになりますので、昼食、おやつをデイサービスの施設内で頂きます。
デイケアなどの場合、メインはリハビリという事になりますので、仕出しなどを利用して、支援なしに食事ができるようなら個人個人で食事をとってもらう事が多くなります。
でも、デイサービスの場合、介護が必要な状態の方が訪れる場所で、基本的に医療行為は必要ありません。
でも、健康的な生活を送っていただけるように、ご高齢者の体にとって有用となるメニューが必要です。
そこで、栄養士、調理師なども雇用されています。

ご高齢者が健康であるために栄養士がしっかり食事を管理します

高齢の方がデイサービスにきておいしい食事、栄養バランスの整った食事を摂取できるという事が大切です。
そのため、デイサービス、介護福祉施設などでは、栄養士の求人も結構多いんです。
介護サービスを利用される方の中には、食事管理をしっかり行わないとこの先健康的状態を保つことが難しいのでは?という方もいますし、軽い慢性疾患を患っている方もいます。
そういった方でも安心して食事やおやつを利用者の皆さんと共に楽しんでほしいという事で、栄養士を雇用する施設が多くなっているのです。

栄養士の求人は最近特に多くなっています

栄養士の求人はここ数根、さらに高くなっています。
施設によっては栄養士への相談なども受け付けているところがあり、家庭での食事内容などについても相談されるご家族が多くなっています。
相談ができる、食事を任せても安心ということで、栄養士がいる施設は人気もあります。
求人情報にも栄養士の求人が増加傾向にありますので、探してみてください。

デイサービス 機能訓練指導員

SONY DSC

機能訓練指導員の存在は重要です

介護施設の増加が望まれる日本では、介護施設にとって必要な資格者の人材も望まれています。

介護施設には、介護系の資格者ばかりではなく看護師などの医療系の資格者、また調理担当の栄養士や調理師、このほか、送迎を行うドライバーがいますし、デイケア、また医療的な目的が多少あるデイサービスなどでは、機能訓練指導員などが雇用されています。

デイサービスの場合、一般的にリハビリが中心という施設ではありません。
でも中には、医療的目的を持ったデイケアのようなデイサービスも出てきています。

リハビリは高齢になられた方が健康的に生活していく上で必要不可欠なことです。
そのため、リハビリを行う機能訓練指導員の存在はとても重要なのです。

機能訓練指導員は色々な役割を持っています

機能訓練指導員は年齢を重ねたことにより筋力が低下してしまうのを予防する、ストレッチなどを指導し、マッサージなどを行うことで身体機能が落ちないようにするなどの目的を持った指導となりますが、こうした指導以外にも機能訓練指導員は利用者にとってまた違う役割も持っています。

柔軟体操やストレッチを通じ、利用者同士、コミュニケーションが取れるようになります。

指導の時間が利用者との楽しいお話の時間になるということも聞きます。
身体機能をアップさせる、筋力の維持を指導するという事の他に、コミュニケーションをとるという事に知らず知らずのうちに関わっているようです。

こうした様々な役割を持った機能訓練指導員は介護施設などでも需要が高くなっています。

機能訓練指導員の求人を見てみよう

機能訓練指導員の求人は多くなっています。
介護施設等に機能訓練指導員として雇用され、介護という事に強く興味を持ち、介護福祉士の資格取得を目指すという方も少なくありません。

資格を取得していけば、もしこの先転職を考えた際にも有利になります。
知識、技術をさらに磨き、介護の世界でめいいっぱい活躍してほしいです。

働きながら無料で資格がとれるのはかいご畑

かいご畑では、働きながら介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士受験対策講座などの資格取得のための講座が無料で受けられます。

キャリアアップを目指したいけどお金に余裕がないという方には大変魅力的

デイサービス 正社員

介護の現場はパートが多いといわれています

介護保険制度が始まって依頼、パート職員の雇用がどの施設でも高くなっているという現実があります。
介護の現場では、介護の充実という事が第一なので、法律改正の前にはどの施設も正社員雇用が多かったのですが、現在は正社員雇用が減少し、代わりにパート職員が多くなり、介護の充実を図るためにはパート職員が背負う業務の程度も深いものとなっています。
つまり、時間的に短い場合があっても働く内容的には正社員と変わらないという状態も発生しています。
正社員とパート職員については、各施設で様々な問題が発生していることも事実です。
ただ雇用安定という面を考えれば、正社員の方がずっと安定していますし、ボーナスも有給もあるのですから、介護施設に正社員で入りたいという方も多いでしょう。

正社員で雇用されるために資格必須ということもあります

正社員での雇用を希望する場合、資格を先に取得してしまうほうがいいという話も聞きます。
まず、パートで経験を積みながら資格を取得し、その先同じ職場で正社員への雇用としてもらえるのならそれを希望する、もし正社員雇用を今行っていないという事なら、転職先を考慮する、という方も多いでしょう。
施設によっても考え方の違いがありますので、正社員雇用を促進しているというところもあれば、パート職員を多く雇用するという職場もあります。
自分が介護の現場でどう働いていくべきか、それをしっかり見据えて、資格取得を考慮していくべきです。

待遇面の差があることは事実です

パート職員の場合、通常ボーナス、昇給はないという施設が多いです。
有給などの面から見ても、正社員の方が待遇面でも大きな違いがあります。
パート職員からすれば、待遇面が違うだけで行っている仕事の内容は全く同じという不満感がある事もどの施設でも言われていることです。
もし希望する施設にパート職員の雇用以外求人がないようなら、まずパート職員で経験を積み、資格のレベルを上げていき、正社員雇用への道を探っていく、という方法を考えてみましょう。

2 / 41234